新聞で、俵万智さんの短歌を見つけました。

『「寒いね」と話しかければ「寒いね」と答える人のいるあたたかさ』

1987年出版されるないなやベストセラーになった歌集
「サラダ記念日」の中の一句。

もう30年近く前の作品なのに、全く古びないですね。

それまで短歌や俳句は
年寄り臭い
小難しい
そんなイメージがあって、敬遠されがちでした

ところが彼女の作品のみずみずしさに
若い人たちまでもが魅了されたんですね!

何気ない普段使いの言葉を
そのまま、すっとすくい上げる
そのアルアル感が共感を呼んだのでしょう。

 
当時の私にはわからなかったのですが
今見るとこの句ではコミュニケーションのコツが
しっかり実践されているんですね。

それは「寒いね」と返す部分
意味的には「そうね」
と返してもよさそうなのに
わざわざ「寒いね」と
同じ言葉を返している点です。

これって『ペーシング』と呼ばれる
人に好かれるテクニックの一つなんですよ

ペーシング』とは、「相手に合わせる」こと

同じ言葉を使うだけでも
相手は親近感を抱くそうです。

あなたはお子さんとの会話で
どのような言葉を選んでいますか?

 
「ブチ切れたわ!」」
と言われた場合の返事は

「キレたんだ~!」ですか?

「腹が立ったのね」ですか?

 
以前の私は後者でしたね。

正しい言葉使いを教えないと…
そんな風に感がてガチガチでしたから!

確かに、正しい日本語を教えることも大切です。

でも今なら思うんです。

「いやぁ~、ブチ切れたんや~」

と娘の心に寄り添えば良かったなと!

 
同じ言葉を返してもらうことで
話し手は共感してもらえたと感じます。

この共感って、とっても大切!

「子どもの気持ちを受け止める

「子どもにの言葉を学ばせる」

親の目的が決まっていれば
言葉選びは自然と決まってきます。

まずは、心を受け止めるところから始めてみませんか?