昨年の12月から、
無料通信アプリ「LINE」に
送信取り消し機能が付きましたね。
宛先や、文章を間違えて送っても
24時間以内ならメッセージを取り消せます。

私も一度、間違った相手に向けて
メッセージを送ったことがあります。
すぐに気づいて、
「ごめん!間違えて送っちゃった」
と謝りましが、それがきっかけでしばし雑談。
「急に、びっくりしたけど、久しぶりに会話ができたね。」
と結果オーライとなり一安心!

そそっかしい私には、ありがたい取り消し機能ですが、
ちょっと心配もあります。

それは、
「間違えたらやり直せばいいや!」
と軽く考えてしまわないか?と言う事です。

 

一旦言葉が口から出て、相手に届いたら
それはもう、無かったことにはできないのです

 

意図せず相手傷つけて、
「そんなつもりじゃなかったの!ごめん」
と謝ったところで
相手の心の傷は無くなりませんよね。

だからこそ、言葉を発する側が
「相手はコレをどう受け止めるだろう?」と
考える時間が必要だと思うのです。

それは、
「LINE」のメッセージを読み直す
送信先を再確認する
そんな事に結びついていないでしょうか?

お互いが気持ちよく会話するための小さな心づかい
便利な時代だからこそ、大切にしたいですね。