以前新聞で、151205
下記のような記事を
読みました。

 
—————————————–
親を失った11歳の
女の子が主人公の映画
「聴こえてる、ふりをしただけ」
その試写会に
小5から中2の
女の子が集まった。

描かれているのは、
「もう子どもではいられない
と知る痛み」

監督自身も
「昔、子どもだった
大人に向けに撮った」
と語る大人味の作品。

映画が終わって
感想を聞く時間があったのに
誰も手を挙げない。

指されても目を伏せたままの子も…
家に帰って、
「簡単にわかるなんて言えなかった」
「話したら、涙が出そうで、
しゃべれなかった」
そんな風に母親に話した子もいたそうだ。

黙っているからと言って
子どもが何も感じていない
わけではない。

きっと言葉にならないだけ。

大人になると
ついつい忘れてしまうけど。
—————————————-

 
あまりに心が大きく揺さぶられると
言葉が出ないことがありますね。

感受性の強い娘は
大人になった今だからこそ
「あの時は何も言えなかったけど…」
と当時の気持ちを
教えてくれることがあります。

今それを聞いても
私には何もできないのだけれど…
ただ、ただ、
「そうだったんだね」
と受けとめます。

その気持ちを
やっと表現できるように
なって良かった!
と思いながら。

 
いま子育てをされているお母さん!
どうぞ、子どもの沈黙を
受けとめてあげてくださいね。

話したくないなら
そっとしておく
話したいのに話せないなら
ちょっときっかけをつくる

黙っていることにも
意味があるのだとわかれば
対応は変わってくると思います。

子どもって、大人が思う以上に
いろいろ考えてますから…