昨日から、急に寒さが戻りましたね。

駅へ向かう時にふと見上げた街路樹に
モクレンのつぼみがありました。

小雨が降る寒空に
春を一番早く告げようとするように
天に向かって膨らむ小さなつぼみ!

「あぁ、今年ももうすぐ春が来るんだ~」

と嬉しくなった私です。

 
私たちは、花をつけて初めて
「そこにモクレンの木が有ったんだ!」
と気づきませんか?

寒い冬の間、内部で花を咲かせる用意をしている間は、
誰も気に留めないことが多いと思うのです。

例え外からは見えなくても
内部でしっかり準備ができたから
花が咲くわけですよね。

人にはわからなくても
内部の準備って、大切です。

 
これって、子ども達にもあてはなりませんか?

昨日までできなかったことが、ある日急にできるようになる。
これも、それまでの準備があったからこそ。

でもその準備は、大人の目には見えないことも多いから
「まだ?」「ちゃんとやってる?」
なんて、言ってしまいがち!

 
花が咲くのにも準備期間が必要なら
子どもの成長にも、時間がかかって当たり前ですね。

親から見て、変化がないように感じたとしても
「今は内部の大切な準備期間」
と思えれば、焦らなくて済みます。

親も子も楽になれるでしょう。

花は咲くまでの間に、
どんな外から見えない準備をしているのか?
子どもさんと一緒に調べてみるのも面白そうですね!