先日の朝日新聞「折々のことば」に
とっても素敵な言葉があったので、
シェアさせてください。

―――速くできる、手が抜ける、
思い通りにできる。
…ありがたいことですが、
困ったことに、
これはいずれも生きものには合いません。―――
生命誌研究者中村佳子さん「科学者が人間であること」から

命の充実とは、便利さの真逆。
思い通りにならないものを、手塩にかけて育むこと。
時間を「飛ばす」のではなく「紡ぐ」こと。

子育ての本質ですね。

かつての私は、子育てのゴールを
「大人としての自立」と定め、
何とか速く、楽に、確実に
娘を育てたいと思っていました。

成長の過程が大切なのに、
結果だけを追いかけて…。
いろんな大切なものを、切り捨てて…。
そんな私の間違いに気付かせてくれたのは、
娘でした。

今、手間を楽しんでいます。
思い通りにいかないことを、
面白いと感じています。
ゆっくりだからこそ、
見えるものがあると知りました。

いつからでも間に合います。
子育ての醍醐味を、
しっかり味わってくださいね!