あなたは「吉本新喜劇」をご存知ですか?160116

私が講演で地方に伺うと、よく尋ねられるのが
「新喜劇には、よく行くの?」
という質問なんです。

大阪=吉本新喜劇
くらいのイメージがあるんでしょうね!

 
実際のところは、
私は一度も劇場に足を運んだことがないんです。

そうお伝えすると
「大阪に住みながら、もったいない…」
と嘆かれることもあります。

まぁ、毎日の生活が『喜劇』みたいなものだからでしょうか、
テレビでもほとんど見たことがなかったんです。

 
ところが、あるお母さまから
「吉本のギャグのおかげで、
教室の雰囲気が良くなったの!」
と伺って、ビックリ!

そんな素敵なギャグがあるなら是非知りたいと
調べてみると、ありました!

 
「こんにちは」と声をかけられると
どんな状態でもすぐに
「こんにちは」
大きな声で返すというギャグ。

クラスのみんなが知っているので
安心して挨拶ができるんですって!

そうなんです。
自分がした挨拶に対して
相手が返事を返してくれなかったら…
それが怖くて、挨拶ができないお子さん
意外と多いんですよ。

普段なら、わざわざ挨拶しない相手にでも
ギャグを飛ばすと思えば、
気軽にチャレンジできますよね。

このギャグがきっかけで
挨拶を交わす習慣がつけば
こんな嬉しいことはありません。

 
そしてもう一つのギャグが
「すみません」と謝られたら
「いいよ~」と優しく許すギャグだそうです。

友達にぶつかった時でも
大声で「すみません」と謝ったら
ノリのよい「いいよ~」の一言が返ってくる。

こちらもまた、「許してもらえる」という安心感から
素直に「ごめんなさい」が言えるきっかけになりますね。

 
しっかり「挨拶」をすること、
きっちり「謝る」こと、
この是非子ども達に伝えたい大切なことを、
楽しく身につけることができる
吉本のギャグってすごいと思いませんか?

全国のクラスで流行るといいですね、このギャグ