毎日大忙しのママも、151124
この日はガールにもどって楽しもう!と
「恋するママフェス」
が明石市で開催されました。

知人のお手伝いに
元ママ(こんな言葉あり?)の私も現地へ!

おやつ、食事の屋台、手作り雑貨、整体など
いろいろなお店が並びます。

お天気にも恵まれ、オープニングから大盛況。
ステージでは、
子どもたちのダンス、玉すだれショー、
音楽ライブもあって、にぎやかです。

 
多くのママたちがボランティアで参加しているのですが
子どもを抱っこしながらもOKなのが素敵。
司会の方も、おんぶ姿だったり!

ステージのトリを飾った
プロ・アーティストも子連れなんです。
うたう夫婦デュオ「箱庭」さん。

お子さんができてからは、
お嬢ちゃんを背負っての
親子トリオとして活躍中。

奥様の歌声がとっても落ち着く、癒し系。
それを証明するかのように
背中のお嬢ちゃんは
終始ニコニコとご機嫌さん。

はじめて拝見する私のほうが、
「途中で泣き出したりしたら、どうするんだろう?」
と勝手に心配したりして…。

しかしご当人たちは、慣れたものなんでしょうね。
何のトラブルもなく、素敵なステージも終了。
ご家族3人の周りに流れる時間や空気のの柔らかさが、
とっても印象的でした。

ついつい、イライラと毎日の育児を楽しめなかった
昔の私と比べてしまいましたね。
人と比べてもしようがないとは
わかっているんですけどね。

同じだけの時間があったのに、
もったいないことをしたな!って…。

 
だからこそ、こんなイベントが大切ですよね。

参加しているママが楽しい!と感じることが大切。
そして、私みたいにママを卒業しちゃった人や、
ママになったことがない人にも感じてほしい。
「ママが幸せだと、みんなが嬉しい」ってことを!

「今どきの…」なんて苦言をいう人は
いつの時代にもいるけれど、気にしない!

「自分が幸せでなければ、人を幸せにはできない」
と思っている私としては、
子どもたちの幸せに、
ママの幸せが不可欠だと思うのです。

毎日の生活で
「ママだから!」って、あきらめちゃうことも
いっぱいあるでしょう。

でも「ママだからこそ」
できることもあると思うんです。

上手に周囲を巻き込んで、
今しかない素敵なママ時代を楽しんでくださいね!

私も、コミュニケーションをお伝えすることで応援します。