先日、神戸の老人大学へ伺った時のこと。
講演も無事終わり、
「受講者の皆さん、喜んでくださって、良かった~。」
なんて思いながら、帰りのバスを待っておりました。

(横山は車の免許を持っていないので
どこでもバス、電車、徒歩です。)

ちょうどそよ風が吹き、気持ちの良い時間帯でした。
ボーっと立っている私の前を
トレーニングウェア姿の男子学生さん達が歩いていきます。
たぶん校外の練習場へ、クラブ活動のために向かうのでしょうね。

通りすがりに
「こんにちは!」
と挨拶してくださったんですね。

ちょっと驚きました。
いろんな学校へもよく講演に伺いますが
校内でさえ、挨拶が少ないんですよ。
私から声掛けして、半数が遠慮がちに返してくれるくらいでしょうか?

なのに、公道に立っている見知らぬ人にまで
積極的に挨拶してくれるなんて…。

先生や保護者、地域の方が、しっかり彼らを見守って
挨拶することの大切さを、ちゃんと伝えておられるんですね。
すごいことだと思いました。

そのうえ、通り過ぎざまに
「バスでお帰りですか!」
と小声で一言!
「バスはべんりですな~」なんて会話を残し
一団は去っていきました。

とっさのことで
「ハイっ!」と返事しただけで
気の利いたお返しもできずに
彼らを見送った私でした。

 
ここの生徒さん達、すごいな~と感心していると
また別の男子学生さん達が近づいてきます。

今度はしっかりご挨拶を返せたんです。

するとまたまたビックリ!

私の挨拶を受け取って
「笑顔が素敵ですね!」
って、返ってきたんですよ。

すごくないですか?
彼らのコミュニケーション能力!!

ちょうど老人大学の皆さんにお伝えした内容、そのまま

「挨拶のついでに、なにか一言足しましょうね!
出来れば、相手のステキなところを見つけて、ほめてみて下さい。
きっと、喜んでいただけますよ!」

君たち、どこかで私の話、聞いてた?と思ったほど!

 
勿論、私は笑顔をほめられて嬉しかったです。

そして、あともう二つ嬉しいことが。

一つ目は、改めて自分の言葉は本当だと実感できたこと。

そしてもう一つは、こんなステキな若者がいるんだとわかったこと。
日本の未来も捨てたものではありません。
きっと彼らは、自分が幸せだと自覚できているのだと思います。
だから人にも自然におすそ分けができるのだと!

幸せって、連鎖するんですよ。
挨拶で幸せのおすそ分け、広げていきましょう!