先日の朝日新聞天声人語にこのような話がありました。

あなたなら、どちらの言葉が心に響くだろうか。
A「ウソをつかないで」
B「ウソつきにならないで」
心理学の実験をしたところ
Aはウソが減る効果がほとんどなかったが、
Bは激減したという。
「脳はなにげに不公平」池谷裕二

言い方次第で、相手の心への届き方に
大きく差が出るのですね。
「ものは言いよう」
とは、まさにこのことだと思いました。

私も、企業のハラスメント研修などを
担当させて頂き、事例をお伝えします。
「コレはダメなんだよ!」
と知って頂くことも、もちろん大切です。
でも、それだけでは足りませんね。

「それさえ言わなきゃいいんでしょ!」
「そんなにうるさいなら、
もう話しなんかしたくない!」
と開き直ったり、
日常会話さえ敬遠してしまう
ことがあるからです。

学生時代の様に、気の合う仲間とだけ集まって、
ツーカーの会話を楽しむのは、楽ですね!
話が合わない人とは距離を置くこともできます。

しかし、職場や地域で生活していくうえでは、
「価値観の違いを上手に認め合う」
ことが必要になります。

ちゃんと相手に、話の内容と気持ちが届くように、
自分の言葉をみがく努力が必要ですよね。
だからこそ、いくつになっても
コミュニケーションを意識したいものです。

今まで①「あなたは○○だ!」
と非難気味に意見を伝えてきた方には
まず、主語を私にかえて
「私は△△して欲しい」
と言い換えてみて下さい。
それができるようになったら
相手に依頼する内容を
「行動」から③「人格」にかえてみては
いかがでしょう?

例えば、会へ参加しない方へのお誘い方法なら
「あなたはいつも欠席だわ!」
②「参加してほしいの」
③「一緒に考える仲間になって!」

言葉を選べば、
より相手の心に届きやすくなると思います。

そんな大人の会話を黙って見て学んでいるのが
子どもたちです。
私たちは、ちゃんとお手本を示せているのでしょうか?
責任重大ですね!