「最近、楽しいことありましたか?」

「誰かに、ほめられましたか?」

「鏡を見て、自分に微笑みかけていますか?」

Withコロナと言われて、
生活への制限が続いています。
ちょっと毎日の生活が窮屈になってはいませんか?

感染拡大を防ぐために大事な取り組みではありますが、
毎日の生活の質も大事ですね。
お子さんの毎日はどうでしょう?

今年から小学1年生になった男の子が、
「小学校は嫌い!幼稚園みたいに楽しくない。
お友達と一緒に遊べないし、
給食もお話しちゃダメって怒られる。
幼稚園に戻りたい」

って言うんですって。

彼にとっては、
コロナ流行の中で始まった窮屈な小学校が
全てですものね。
私たちが想像するピッカピカの1年生とは違うわけです。

大人が思う以上に、
子どもたちもストレスをためているかもしれません。

その分、自宅でわがままを言う子が増えたとも聞きます。
そうやって発散できる子は素敵です。

受けとめるママは大変だろうとは思いますが、
「ママになら自分の気持ちをさらけ出しても大丈夫!」
と信頼しているからこその行動ですから!

外でも家でも「いい子」でいないといけないなら、
どこで自分を解放できます?

お子さんの不満や、不安、イライラを受けとめるためには、
ママの心が元気である必要があります。

だからこそ、「ご機嫌な自分」をキープする術
身につけてくださいね。

「一日の終わりには自分をほめる時間をつくる」
「朝鏡を見て自分に飛び切りの笑顔を向ける」
「頑張った自分に、美味しいケーキをご褒美としてあげる!」
そんな小さな実践です。

無理のない程度に、自分心のメンテナンスをしてみてください。
きっとあなたの口から出るお子さんへの言葉は、
やさしい褒め言葉にかわってきますよ!